関節リウマチによる膝の痛み | リウマチの症状と原因、治療方法

関節リウマチによる膝の痛み | リウマチの症状と原因、治療方法

関節リウマチによる膝の痛み | リウマチの症状と原因、治療方法

関節リウマチは、全身の関節に症状が出る自己免疫疾患です。ここでは膝の痛みに着目して、関節リウマチの原因、症状、治療について解説します。

関節リウマチとは

関節リウマチは、何らかの原因で自己免疫の異常が起こることによって生じる、慢性的な関節炎を主な症状とする疾患です。

関節は関節包という組織で包まれています。関節リウマチでは、その関節包の内側にある滑膜という薄い膜が、何らかの原因で炎症を起こします。その炎症によって、疼痛、腫れ、発熱などの症状が現れます。炎症が進行すると、軟骨や骨が破壊されていき、最終的には関節の破壊と変形に至ります。

30代から50代の女性に多く発症することが特徴で、男女比は1:3となっています。また、左右両側の関節で起こることも特徴です。

朝起きた時の手足のこわばりが、主な最初の自覚症状です。手指や足の指などの小さな関節から始まり、徐々に手首、足首、肘や膝、首、肩、股などの大きな関節に症状が現れるパターンが多いものの、膝痛など大きな関節から始まることもあります。

膝における関節リウマチ

関節リウマチによって膝の滑膜が炎症を起こすと、滑膜細胞が異常増殖して関節液が大量に分泌されるので、膝の痛みと腫れが生じます。特に肥満の女性の場合、変形性膝関節症の進行との相乗効果で突然激しい膝痛が起こることがあります。

腫れはぶよぶよではなく、中にゼリーが溜まっているような弾力のある水腫です。膝の痛みのため、曲げ伸ばしに支障が出ます。悪化するにつれ膝痛は酷くなり、大腿骨と脛骨の隙間が狭くなり、骨びらんと呼ばれる骨の浸食が見られるようになります。末期になると、骨の隙間はなくなるため膝は曲げ伸ばしができなくなってしまい、安静にしていても膝痛が出るようになります。

関節リウマチの治療

関節リウマチによる膝の痛みの治療方法

関節リウマチはひと昔前まで不治の病とされてきました。けれども、抗リウマチ薬の著しい進歩のおかげで、発症早期に適切な治療を行えば、関節破壊を防止し、寛解に至ることも可能となってきました。

関節リウマチの治療の中心は薬物療法です。薬物は、リウマチの進行を抑制する抗リウマチ薬と、膝の痛みなどの症状を抑制するためのステロイド、鎮痛薬、ヒアルロン酸などが用いられます。抗リウマチ薬のなかでも、抗免疫薬のメトトレキサートがよく用いられています。

また、薬物療法と並行して、適度な安静と運動、リハビリを行うことが大切です。膝痛があるからといって過度に安静にすごしてしまうと、それが原因で関節がどんどん動かなくなってしまいます。

手術療法

治療開始の遅れなどで、薬物療法の効果が不十分な場合は、手術療法を行うことがあります。関節リウマチにおける手術療法は、疾患自体の治療ではなく、炎症による痛みを緩和し、関節可動域を確保するために行われます。

1:滑膜削除術

異常増殖した滑膜を削除することで、関節破壊の進行を予防する手術です。以前は頻繁に行われていましたが、薬物療法の進歩によって激減している手術です。

2:人工関節置換術

関節軟骨を人工関節で代替する手術です。関節破壊が進行し、可動域が極端に狭まった場合や疼痛が酷い場合に、QOLの改善が見込めると判断されれば行われます。主に膝、股、肘関節で行われます。

3:関節固定術

関節を固定する方がQOLの向上が見込まれる場合に行われる手術です。主に、足関節、手関節で行われます。

まとめ

今回は、関節リウマチによる膝の痛みの症状と治療方法についてご紹介しました。

関節リウマチは、薬物療法の進歩によって早期発見・早期治療が以前にも増して大切になりました。関節にこわばり、痛み、腫れが続く場合は、できるだけ早く専門医を受診しましょう。