膝関節の軟骨の損傷・すり減り | 膝の痛みの原因と治療方法

膝関節の軟骨の損傷・すり減り | 膝の痛みの原因と治療方法

膝関節の軟骨の損傷・すり減り | 膝の痛みの原因と治療方法

年齢とともに、悩む人の多くなる膝の痛み。中でも、膝関節の軟骨の損傷とすり減りは、膝痛の原因の大部分を占めています。

今回は、関節軟骨の損傷の原因と治療方法について解説します。

膝関節と軟骨の役割

人間が二足歩行をするようになってから、膝には大きな負荷がかかるようになりました。普通に歩くだけで体重の3倍もの負荷がかかるのです。そのため、膝関節は体の中でもっとも大きな関節の一つです。

膝関節は、関節胞と滑膜に包まれており、関節液で満たされています。骨と骨が接触する面は関節軟骨で覆われ、また、骨と骨との間には半月板という三日月のような形をした軟骨組織があり、骨と骨がぶつからないようクッションの役割を果たしています。

軟骨は、骨といっても70%が水分でできており、スポンジのような柔構造をしているので、大きな負荷を吸収することができるのです。

軟骨の損傷

膝関節の軟骨の損傷の原因と治療方法

このように膝関節で大切な役割を担っている軟骨組織が、何らかの原因で傷ついてしまった場合、膝の痛みを引き起こします。

膝関節の軟骨損傷の場合、原因の多くが半月版損傷です。半月版は膝関節の外側に一枚、内側に一枚ずつあり、それぞれが靱帯でつながっています。大腿骨と頸骨の間に位置しており、クッションの役割だけではなく、膝の動きとともに一緒に動いて関節が滑らかに動くためのスタビライザーの役割も果たしています。

半月版は軟骨組織なので骨よりももろく、激しいスポーツや転倒事故などが原因で膝関節に無理な力がかかった時に損傷することがあります。それが、半月版損傷です。損傷の程度によりますが、膝の痛みや腫れ、膝の屈曲困難、歩行困難などの症状がでます。

治療方法は、まず安静を保ち、電気治療、温熱療法、マッサージなどを行います。しばらく様子をみて改善がみられない場合は、損傷した半月版のかけらを取り出す、割れた部分を縫い合わせるなどの手術を行うこともあります。

軟骨のすり減り

膝関節の軟骨のすり減りの原因と治療方法

軟骨のすり減りという場合、ほとんどが変形性膝関節症です。変形性膝関節症は、加齢や肥満、運動不足が主な原因で、徐々に関節軟骨がすり減り、膝関節が変形していく疾患です。男性よりも女性に多く、50代を過ぎると急速に患者数が増え、60代の半数以上に症状がみられます。

関節軟骨のすり減りが続くと、しだいに骨と骨の隙間が狭くなっていき、最終的には骨と骨が直接ぶつかるようになってしまい、痛みで膝を動かすことができなくなってしまいます。

軟骨は普通の骨とは異なり血管が通っていないため、すり減ってしまった組織が再生するためには関節液から栄養を少しずつ吸収しなければなりません。軟骨は、膝の動きに伴って、スポンジが縮んだり元に戻ったりする時に水が入れ替わるように関節液から栄養を吸収します。したがって、軟骨の再生にはウオーキングなどの運動をすることが大切です。

以上の理由から、変形性膝関節症の治療は自分で行う保存療法が主流です。少しでも膝の痛みが気になってきたら、適度な運動や体重コントロールを行い、膝の負担を軽くする生活の工夫などを行うことで悪化を防ぐことができます。

膝の変形が進んでしまった場合は、人工膝関節置換術などの手術療法を行うことで痛みを取り除くことができます。手術は大変ですが、膝の痛みを我慢しながら過ごすよりも、人工関節で痛みのなくなった膝で生活の幅を広げる人が増えています。

まとめ

今回は、膝関節の損傷・すり減りが原因の膝痛と、その治療方法についてご紹介しました。

軟骨は血管が通っていないため、再生は難しい組織です。軟骨の損傷やすり減りで膝に痛みが出てしまったら、それ以上の悪化をくい止めるためにもできるだけ早く適切な治療を行いましょう。