膝の軟骨は再生する? 関節に良い栄養成分と食べ物・サプリメント

膝の軟骨は再生する? 関節に良い栄養成分と食べ物・サプリメント

膝の軟骨は再生する? 関節に良い栄養成分と食べ物・サプリメント

加齢に伴って悩む方の増える膝の関節痛。その多くは膝の軟骨がすり減ることが原因となりますが、軟骨を再生することは可能なのでしょうか?

ここでは、関節に良いとされる栄養成分と食べ物、サプリメントについて解説します。

変形性膝関節症

60代~80代の高齢者から、「膝が痛くて歩くのが辛い」という声がよく聞かれます。こうした症状の多くは、変形性膝関節症という疾患が原因です。

変形性膝関節症は、加齢や肥満などが原因で膝関節の軟骨がすり減っていき、変形をきたす疾患です。関節が変形してしまうほど進行すると、多くの場合膝の痛みで歩行が困難になってしまい、金属やポリエチレン製の人工膝を入れる手術を行うことになります。

できるだけ自分の膝ですごすためには、重い物を持たない、体重を減らすことで膝関節への負担を減らす、適度な運動、食べ物の栄養バランスに気をつける等の対策が有効になります。

膝の関節軟骨は再生する?

関節軟骨は「骨」に分類されていますが、骨とはかなり異なる組織です。約70%が水分(主にヒアルロン酸)で、20%がコラーゲン、10%がプロテオグリカンという成分で構成されており、柔らかいクッションの役割を果たしています。

関節軟骨には血管・リンパ管がなく、成長終了後は細胞分裂も行われないため、十分な栄養素や細胞の供給が行われません。したがって、損傷された関節軟骨の修復・再生は非常に困難です。

とはいえ、関節軟骨が接している関節液との水分移動を通して、関節軟骨の栄養補給と物質交換が行われていることが知られています。関節軟骨と関節液の水分移動は、膝の曲げ伸ばしに伴う負荷荷重によって行われるため、膝を動かす運動がたいへん重要です。

膝に良いサプリメント

膝関節の軟骨再生に良いサプリメント

上述のように、関節軟骨は関節液から栄養を吸収しています。けれども、年齢が高くなるにつれて関節液に含まれる栄養成分が減少していき、関節軟骨の状態も悪くなっていくため、関節液の栄養を補うことが大切です。

関節軟骨の成分であるヒアルロン酸、コラーゲン、プロテオグリカンを含む食べ物を普段の食事から摂取したとしても、関節液に届く量は不十分です。少しでも多く関節液に栄養を届けるためには、栄養素が凝縮されているサプリメントの摂取がより効率的で、推奨されています。

膝関節に良いとされるサプリメントは、グルコサミンとコンドロイチンを含むものが主流です。グルコサミンはアミノ酸の一種、コンドロイチンはムコ多糖類の一種で、両方とも関節軟骨の主成分であるプロテオグリカンの原料となっています。グルコサミンとコンドロイチンの相乗効果が期待できるため、両方が配合されているサプリメントがお勧めです。また、最近はプロテオグリカンそのものが配合されたサプリメントも販売されています。

サプリメントに含まれる成分は、経口摂取によりいったん分解されて血液やリンパ液によって運ばれます。膝関節液に届く割合は多くないものの、根気よく続けることで関節軟骨の再生や変形性膝関節症の予防・改善に効果が期待されます。

ただし、関節液の栄養状態が良くなったとしても、膝の運動をしなければ関節軟骨に栄養が吸収されません。膝の曲げ伸ばしやウォーキング等を積極的に行うことも大切です。

まとめ

今回は、関節に良い栄養成分と食べ物・サプリメントについてご紹介しました。

関節軟骨が損傷した場合の修復・再生は困難ですが、運動と食べ物による栄養補給の両方を根気よく続けることで、膝の健康をサポートすることができます。高齢だからしょうがないと諦めず、最後まで自分の脚で歩くことを目指しましょう。