腰からくる膝の痛み | 坐骨神経痛の症状と原因、治療方法

腰からくる膝の痛み | 坐骨神経痛の症状と原因、治療方法

腰からくる膝の痛み | 坐骨神経痛の症状と原因、治療方法

膝の痛みは、坐骨神経痛など腰の疾患が原因になっていることがあります。

ここでは、腰からくる膝の痛みについて、症状や原因、治療方法を解説します。

坐骨神経痛とは

坐骨神経は、腰椎と仙骨の一部から出て下肢の後ろ側を通る、人間の体で最も太く長い神経です。それが外傷や圧迫などによって傷害され、痺れや痛みが出る疾患が坐骨神経痛(ざこつしんけいつう)です。

痛みは坐骨神経が走っている部分に起こります。具体的には、腰から足先までの範囲です。主に、腰、お尻、太もも、ふくらはぎ、足の先などに症状が現れ、その中には膝裏も含まれます。ビリビリと電気が走ったような痺れ感や痛みが起こったり、足に力が入りづらくなり膝がカクカクすることもあります。

坐骨神経痛による腰からくる膝の痛みの症状

坐骨神経痛は臀部から上の部分に原因があるにもかかわらず、症状は腰から足先まで広範囲にわたって現れます。坐骨神経痛の症状は痺れや痛みのほか、冷えた感覚や脱力感、吐き気やむくみが出ることもあり、悪化すると歩行中に失禁してしまうこともあります。

原因が腰や臀部にあるため、坐骨神経痛の症状が出る前に腰痛に悩まされるという場合が多いのが特徴です。

坐骨神経痛の原因

坐骨神経痛の代表的な原因には下記のようなものがあります。

  • 椎間板ヘルニア、脊柱管狭窄症などにより椎間板が背骨から飛び出して神経を圧迫する
  • 梨状筋症候群により、お尻の筋肉が硬くなることで神経が圧迫される
  • 股関節のねんざや、腰の打撲により神経が圧迫される
  • 腫瘍や癌が原因で神経が圧迫される

坐骨神経痛の治療

坐骨神経痛による腰からくる膝の痛みの治療

坐骨神経痛の症状が気になったら、まずはできるだけ安静を保ちます。無理に動かすと悪化させることになりかねません。早めに整形外科を受診し、どのような動作や姿勢で症状がでるのかを特定し、坐骨神経痛の原因を見極めます。

坐骨神経痛の原因が椎間板ヘルニア、脊柱管狭窄症、梨状筋症候群などの場合には、坐骨神経への圧迫がなくなることを目標に、これらの原因疾患に対する治療を行います。ねんざや打撲が原因の場合は、電気治療やアイシングで炎症を抑えます。腫瘍や癌が原因の場合は、これらの治療を優先して行います。

痛みが酷い場合は、痛みをやわらげ炎症を抑える薬(消炎鎮痛剤)を用います。また、血の巡りが悪くなると痛む場合には、血管拡張剤が用いられることもあります。

以上の保存療法を行っても症状が悪化してしまい、痛みが強いため少しずつしか歩けない間欠跛行になってしまった場合の治療方法は、主にブロック療法です。

ブロック療法とは、神経に直接、または神経の周囲に注射器を用いて局所麻酔薬を投与する治療方法です。坐骨神経痛そのものを治すわけではないため、効果は数日から数週間ほどと一時的ですが、繰り返し行うことで痛みが軽くなっていくこともあります。

まとめ

今回は、腰からくる膝の痛みの原因と治療方法についてご紹介しました。

ある日ビリッと膝に痺れを感じたら、それは坐骨神経痛が原因の腰からくる膝の痛みかもしれません。症状に心当たりがある場合には、放置して悪化することがないよう、早めに専門医を受診して適切な治療を受けるようにしましょう。