ヒアルロン酸注射より効果的? 膝の筋肉をつける運動で痛みを改善

ヒアルロン酸注射より効果的? 膝の筋肉をつける運動で痛みを改善

ヒアルロン酸注射より効果的?膝の筋肉をつける運動で痛みを改善

K.Yさん(女性)、40代、専業主婦

膝の関節が痛くなり歩行困難に

昨年、初めて膝の故障で毎日の生活に困る経験をしました。ある日、右の膝の関節に痛みを感じて「あれ?」と思ったのですが、冬だったので寒さで膝が痛くなったのかと軽く考えていました。お風呂にでも入って温めれば治るだろうと思っていたのですが、1週間たっても膝の関節の痛みはとれませんでした。

むしろ痛みは増してきて、しゃがむことや階段の上がり下がりが辛くなってしまいました。もちろん歩くときにも右足をかばって、びっこを引いて歩いていました。

湿布をしても治らなかったので、整形外科へ行ってレントゲンを撮ってもらいましたが、これといった原因は見つかりませんでした。医師には、保健の範囲外だけれどヒアルロン酸注射をすると良くなる可能性があると言われました。注射は怖いし、費用は高いしでしばらくは悩みましたが、結局はヒアルロン酸注射を受けることに決めました。

ヒアルロン酸注射を受ける治療

全部で10回のヒアルロン注射を受けると、6回目ぐらいからは痛みも取れるはずだとお医者さんに言われました。最初は注射が痛かったのですが、3回目からはその痛みにも慣れました。お医者さんが言ったように、確かに膝の痛みは注射を打ち始めて1ヶ月過ぎた頃から改善されてきました。10回の治療を終わる頃には、普段の生活に支障がなくなり、このヒアルロンサンの注射は効果があるのだと実感しました。

その後は普通の生活をしていましたが、あることをきっかけにまた右足の膝の関節が痛むようになりました。この膝の関節の痛みの原因にな経ったのが、実家の片付けでした。年老いた母親が兄夫婦と同居することになり、私が実家の片付けをすることになったのです。そして重いものを運んでいる際に膝に負担をかけてしまったことで、膝の痛みが再発してしまったのでした。

ヒアルロン酸注射よりも筋肉をつける

再び襲った膝の痛みについて友達に話し、また医者さんでヒアルロン酸の注射を打ってもらおうと思うと言いました。すると友達は、膝の痛みの予防には膝の筋肉をつけることが一番良いと教えてくれました。実は、彼女のお姉さんが膝の痛みに長年悩まされていたのですが、スポーツジムで筋トレをするようになると、この膝の痛みから解放されたそうなのです。

歳をとってくると筋力が落ちて体を支えるのが難しくなり、膝などの関節に無理がかかる、だから中年以降は膝の関節の痛みや腰痛で悩む人が多くなると教えてくれました。また、ヒアルロン酸注射を打ってもずっと効果が続くわけではないし、根本的な解決にならないとも言われました。

私も納得し、今後は高いお金を出してヒアルロン酸を注射するよりも、まずは膝の筋肉をつけるようにしてみようと決心しました。

ピラティスと水泳で筋肉トレーニング

私が膝の筋肉をつけるために選択したのは、ピラティスと水泳でした。これらの運動は膝に負担をかけずに挑戦できるとネットで評判だったからです。

ピラティスはちょうど近所の文化センターで講座があり、それを受講することにしました。水泳は市営プールの水中ウォーキングに参加することにしました。これまで運動らしい運動をしたことがなかったので、ピラティスでは最初は他の人と同じ動きをするのが大変でした。

驚いたことに、3ヶ月ほど経つと膝の痛みは軽減されて腰痛も良くなりました。他にも肩がすぐ凝る傾向にあったのですが、それもなくなっていました。よく適度な運動は大切だと耳にしますが、今回はそれを身をもって実感しました。これから歳をとると、もっと体に不調が出てくると思いますが、できるだけ筋力を衰えさせない努力をして、健康な毎日を過ごしたいと思います。