階段で膝の痛みが… | サポーターや筋肉を鍛えることで改善した経験

階段で膝の痛みが… | サポーターや筋肉を鍛えることで改善した経験

階段で膝の痛みが… | サポーターや筋肉を鍛えることで改善した経験

S.Nさん(男性)、60代、自営業

あれ!? 階段が降りられない

ある日、いつものようにリビングに行くために階段を降りていたところに突然、膝に痛みが! 「うっ」と声を上げるほどの痛みです。痛いだけではなく、膝が動かないのです。

それでも、最初のうちには数秒待てば元に戻ったのですが、年を重ねるうちにその回数も時間も長くなりました。家で痛みがある時は良いのですが、駅などの階段で痛みが襲うとやはり困ります。なるべくエレベーターなどを使うようにしていますが、やはり不安です。

スポーツをしている妻に相談したところ、妻はザムストのテーピングテープを使っているという事で、そのテープを巻いてもらいました。ここでいうテーピンテープとはテープ状のものを患部に合わせてしっかりと貼り付けるものです。スポーツをしている人には問題なく出来るのでしょうが、自分でやるとなるとちょっと難しいし、何より面倒です。

履くサポーターに切り替え

テーピングは面倒なので、履くようにして使うバンテリンサポーターを使うようにしました。この製品は種類が多くて迷ったのですが、とりあえず普通サイズを購入。やや圧迫感はあるものの好調です。

また、妻の助言で、膝周りの筋肉を鍛える方が良いというのでスロージョギングも始めました。毎日7、8キロ走りました。ところが、ジョギングをすることで膝の痛みが治まるどころか、痛くなってきます。

ジョギングは膝に良くないという話も聞いたので、それからはウォーキングに切り替えました。とはいえ、現状維持が精いっぱいです。手術も調べたりして考えましたが、ちょっと怖い気がして踏み切れません。

ヒアルロン酸注射も試してみました

同じ年代の友人がヒアルロン酸注射をしたというので話を聞いてみると、素晴らしい効果とのことでした。私よりも膝の状態は悪かったのですが、その痛みを忘れるほどの効果があるとのことです。それも速攻での効果だったらしく、私にも勧めてきます。

始めは躊躇していたのですが、友人の勧めもあってヒアルロン酸注射を打つことにしました。確かに効果絶大です。サポーターいらずです。ただ、問題なのは、ヒアルロン酸注射は効果が長持ちしないという事です。そのため、また痛みを感じる前にウォーキングやストレッチを十分にやって筋肉を鍛えるよう決心しました。

これも妻の勧めなのですが「水中ウォーキング」が最も効果があるという話も聞きました。見学ができるというのでいうので、一度見にいったのですが、年配の女性達が多く、ここに入るのには勇気がいるなと思い、まだ実践できずにいます。

対策の甲斐あってか生活には問題なし

ヒアルロン酸注射をして半年くらいたちます。その間にウォーキング、ストレッチはまめに行っています。ストレッチは膝だけでなく体全体のストレッチを学ぶほどのマニアになりつつあります。

効果が長持ちしないといわれているヒアルロン酸注射ですが、ウォーキング、ストレッチのおかげでしょうか、現在は膝痛の症状はほぼ出ていません。ほぼというのは、初期にあったように自宅の階段を降りる時に、たまに痛みを感じる程度です。これも忘れていた時に起きる程度です。

最近では、改善した証拠を自覚してみたくなり、丹沢や高野山へのトレッキングを試してみました。不安が無いわけではありませんでしたが、十分に楽しむことが出来ました。

ただし、次に膝痛が出てきたら、真剣に手術も考えようと思っています。悪化して将来寝たきりになったりしないよう、今はできる限り膝の筋肉を鍛えておくつもりです。