膝を曲げると痛い… | 曲げ伸ばし時の痛みの原因となる病気

膝を曲げると痛い… | 曲げ伸ばし時の痛みの原因となる病気

膝を曲げると痛い… | 曲げ伸ばし時の痛みの原因となる病気

膝を曲げると痛いという症状では、どのような病気が原因として考えられるでしょうか?

今回は、膝の曲げ伸ばし時の痛みの原因となる病気についてまとめます。

膝を曲げた時の痛み

60代以上の女性に特に目立つのが、膝を曲げると痛いので正座ができないという症状です。また、農作業のようにしゃがんだり立ったりする仕事で、膝の曲げ伸ばしをすると痛みがあるという話もよく耳にします。中には、少し膝を曲げると痛いので、歩くのも辛いという人もいます。

本来、膝はまっすぐ伸ばした状態から、かかとの後ろがお尻につくまで曲げることができます。膝を曲げると痛い、曲げ伸ばしの時に痛いという場合、膝を十分に曲げる途中で痛みが出ます。痛みが激しくてそれ以上膝を曲げられないこともあれば、我慢しながら曲げ伸ばしができることもあります。痛みの強さやどの角度で痛みが出るかは、原因となる病気や重症度によって様々です。

膝を曲げると痛い代表的な原因としては、変形性膝関節症や関節リウマチ、偽痛風、半月板損傷・膝靭帯損傷などがあげられます。

変形性膝関節症

膝を曲げると痛い原因となる変形性膝関節症

主に膝の関節軟骨がすり減ることが原因で、徐々に膝関節が変形していく病気が変形性膝関節症です。60代以上の高齢者に多く見られますが、膝に負担のかかる仕事やスポーツをしている若い人にもみられます。

変形性膝関節症の初期では、徐々に関節軟骨の摩耗が進みますが、膝の曲げ伸ばしに違和感を感じる程度で、足の曲げ伸ばしができなくなることはありません。けれども中期以降になると、関節軟骨の摩耗がかなり進むために炎症が起きます。すると、関節軟骨に栄養を供給するために関節液が過剰に分泌されて腫れるのですが、関節液にはサイトカインという痛みを引き起こす物質が含まれており、それが痛みの原因となって膝の曲げ伸ばしが困難になっていきます。

はっきりと痛みを自覚した時には、すでに関節軟骨の摩耗はかなり進んでいます。そうなる前に、膝関節を健康に維持するための対策をとることが大切です。

関節リウマチ

関節リウマチは、免疫の働きに異常が起こることが原因で関節に炎症が起こる病気です。膝だけではなく、指、手首、肘、足、かかとなどにも発症します。中年女性に多く見られ、左右両方の手足に現れることが多いのが特徴です。

関節リウマチは発症すると進行が早く、一年足らずで関節が破壊されてしまうこともあるため、早期発見が治療の鍵となります。特徴的な初期症状として、朝起きた時の関節のこわばりがあります。朝起きてしばらくの間、関節がうまく動かないという症状が気になったら、すぐに専門医に相談しましょう。

破壊された関節を元に戻すことはできませんが、治療で進行をしっかり抑えることができるため、できるだけ早く治療を行うことが大切です。

偽痛風

膝の曲げ伸ばし時の痛みの原因となる病気:偽痛風

偽痛風(ぎつうふう)は、ピロリン酸カルシウムの結晶が関節に蓄積することが原因で起こる関節炎で、軟骨石灰化症とも呼ばれます。

偽痛風の特徴は、膝関節で発症することが最も多く、膝を動かさなくても痛みが出ます。痛風と同じように急に痛みが始まり数日で自然に治まります。痛風よりも痛みは軽く、60~80才の男性高齢者に多いのも特徴です。

根本的な治療法はないため、発作の時に炎症を抑えるステロイド剤や非ステロイド系抗炎症剤で対処療法を行います。

半月板損傷・膝靭帯損傷

激しいスポーツや交通事故などにおいて膝を無理にねじることが原因で、膝の半月板や靭帯を損傷することにより、痛みで膝の曲げ伸ばしが困難になることがあります。

どちらも激しい痛みを伴い、重症度によっては手術を行う必要もあります。痛みがそれほどではないからといって、適切な治療を行わずに放置していると、変形性膝関節症の原因となることがあります。

まとめ

今回は、膝の曲げ伸ばし時の痛みの原因となる病気についてご紹介しました。

膝を曲げると痛い多発性関節炎やスポーツによる膝の病気は、上記以外にもいろいろあります。専門医でしっかり診断し、適切に治療を行いましょう。