膝の内側が痛い原因 | 鵞足炎等の痛みを抑える治療法・ストレッチ

膝の内側が痛い原因 | 鵞足炎等の痛みを抑える治療法・ストレッチ

膝の内側が痛い原因 | 鵞足炎等の痛みを抑える治療法・ストレッチ

膝痛の原因には様々な種類がありますが、膝の内側が痛いという場合には「鵞足炎(がそくえん)」等が代表的です。

今回は、鵞足炎の特徴と、痛みを抑える治療法・ストレッチについてご紹介します。

鵞足炎とは

鵞足とは、膝の内側から膝下にかけての部分です。そこには、鵞鳥(ガチョウ)の足のような形で三つの腱が集まっているため、鵞足と呼ばれています。その部分が炎症を起こして、膝の内側が痛いという症状が出るのが鵞足炎です。

主にスポーツの方向転換などで膝をひねる動作により、鵞足部分の腱に負担がかかりすぎることが原因で、オーバーユース症候群のひとつとされています。走りながら方向転換をすることの多いスポーツは、サッカー、バスケットボール、テニスなどです。また、水泳の平泳ぎは膝の内側をひねってキックを行うので、鵞足炎になりやすいとされています。

運動後に膝の内側が痛いということと、鵞足の部分を押すと痛い(圧痛)という2つの症状が特徴です。炎症なので、腫れもあります。重度になると、階段の上り下り、歩行などの日常動作でも膝の内側が痛いと感じるようになってしまいます。

鵞足炎以外に膝の内側が痛い症状のある疾患は、靭帯損傷、半月板損傷、疲労骨折、変形性膝関節症などが考えられます。また、スポーツをしている小中学生の場合、オスグッド・シュラッター病が痛みの原因かもしれません。

鵞足炎になりやすい姿勢や動作

膝の内側が痛い鵞足炎の原因

同じスポーツをしていても、鵞足炎になる人とならない人がいます。鵞足炎になるのは、普段から膝の内側にストレスがかかる姿勢や動作をとっていることが原因の一つです。

それは、いわゆるX脚(内股)の姿勢や動作です。

  • 立っている時に膝が内側を向いている
  • 歩く時、走る時に膝が内側を向いている
  • ストレッチの時、前に出している足の膝が内側を向いている

このような動作を知らず知らずのうちに行っている場合は、気をつけて膝を真っ直ぐに出すように意識して治していきましょう。

鵞足炎の治療法

鵞足炎の治療法は、主に保存療法です。

症状が軽い場合はアイシングで患部を冷やし、テーピングで固めることによって運動を行うことが可能ですが、痛みが強く出た場合はしばらく安静にしなければいけません。再発する可能性が高いため、症状が収まってもすぐにスポーツに戻らず、長めに安静期間をとることが大切です。

鵞足炎のためのストレッチ

鵞足炎の人は、大腿二頭筋(ハムストリング)、大腿筋膜張筋、大腿四頭筋の外側広筋が硬くなりやすく、そのままにしていると鵞足炎の痛みが悪化します。治療法の一つとして、ストレッチで硬くなった筋肉を伸ばすことが大切です。

1.大腿二頭筋のストレッチは、前屈です。片脚を伸ばして座り、つま先は外に開きます。背筋を伸ばしたまま上体を前に倒します。腿の後側を伸ばしましょう。
2.大腿筋膜張筋のストレッチです。仰向けに寝て両手を横に開き、足を伸ばします。まず右足を上げて左側に倒します。そのとき腰より上は動かないようにし、腿の外側を伸ばします。左足も同様に行います。
3.大腿四頭筋は太腿の前側の筋肉です。大腿四頭筋のストレッチは、まっすぐに立ち、片脚の膝を曲げて後ろ手で持ちます。バランスがとれない場合は、もう片方の手を壁につくなどして支えます。


<鵞足炎に効くその他のストレッチ>

まとめ

今回は、膝の内側が痛い原因として「鵞足炎」についてご紹介しました。

主にスポーツをしている人に起きやすい鵞足炎ですが、中高年も変形性膝関節症と合併して鵞足炎が起こることがあります。治療法は安静とストレッチが中心なので、根気よく治すようにしましょう。