膝が痛くて歩けない… | 変形性膝関節症による痛みの原因と改善方法

膝が痛くて歩けない… | 変形性膝関節症による痛みの原因と改善方法

膝が痛くて歩けない… | 変形性膝関節症による痛みの原因と改善方法

多くの高齢者が、膝が痛くて歩けない、歩くのが辛いという症状に悩んでいます。その原因の多くは、変形性膝関節症という膝関節の疾患です。

変形性膝関節症

膝には、普通に歩くだけでも体重の2~3倍の荷重がかかります。その大きな負荷を吸収しながらスムーズに動かすための器官が、膝関節です。

変形性膝関節症とは、加齢や肥満が原因で膝関節の軟骨がすり減っていき、膝に痛みが出たり変形したりする病気です。60代以上の半数に症状が見られ、男性よりも女性に多いのが特徴です。

変形性膝関節症の初期

変形性膝関節症の初期では、椅子に座った状態から立ち上がって歩き出す時などに膝に痛みを感じます。けれども、数分歩くと痛みは消えていきます。

「動き出しの痛み」といわれるこの症状は、変形性膝関節症の最初の自覚症状として知られています。この段階で改善に取り組むことができれば、変形性膝関節症の進行をかなり食い止めることができるので、膝が痛くて歩けないほど悪化せずにすむ可能性が高くなります。

中期から末期

変形性膝関節症は、膝の痛みが出たり消えたりを繰り返しながら、数年かけて悪化していきます。そしてある時から、階段の上り下り(特に下り)がつらくなる、膝をねじる動作ができなくなる、といった症状が出てきます。そうなると、膝の関節軟骨はかなりすり減っており、変形性膝関節症の中期になります。

すり減った部分に負荷がかかると辛い痛みがでるようになり、水が溜まって腫れる症状も出るため、運動量が減ります。運動量が減ると、動かさないでいる関節は固まるので、可動域が狭まっていきます。

また、膝関節を支える筋力が衰えるため、膝関節にかかる負荷がますますダイレクトに響くようになります。すると、酷い痛みによって運動量が減るという悪循環に陥り、悪化のスピードが速まります。

末期になると、関節軟骨はほぼ無くなってしまうため、膝が痛くて歩けない状態になってしまいます。また、膝の変形によりO脚が悪化していきます。生活に大きく支障が出る場合には、人工関節を入れる手術を行います。

生活改善と運動

膝が痛くて歩けない時の運動等による改善方法

膝が痛くて歩けない状態にならないように、変形性膝関節症の症状を改善するにはどのような方法があるでしょうか。

変形性膝関節症の原因は関節軟骨の摩耗なので、関節軟骨を再生できればよいと考えるかもしれません。けれども、軟骨には血液やリンパ液が通っていないため、骨折した骨がつくように摩耗した軟骨が再生することは困難です。

したがって、できるだけ症状が軽いうちから、軟骨がそれ以上すり減らないように対策をうっていくことが、変形性膝関節症の改善方法となります。

(1)体重コントロール

膝には体重と比例して大きな負荷がかかるので、BMI値が肥満の場合は、正常値を目標に体重を減らしましょう。体重が減った分だけ、膝への負担は軽くなります。

(2)適度な運動

よく「膝は歩いて治す」といわれるように、膝の痛みがあるからといって安静にしているのはよくありません。関節は動かすことによって機能を維持する器官なので、動かさないでいると固まってしまいます。

ウォーキングがお勧めですが、痛みが強い場合はエアロバイクや水中ウォーキングを行う、座って出来る体操を行うなど、症状に合わせた運動を継続しましょう。

(3)生活の見直し

重い物を運ぶ時に台車を使うようにする、膝を酷使するような激しい運動を避けるなど、膝に過度な負担をかける動作を減らすことで膝関節をいたわりましょう。

(4)栄養補給

市販されているサプリメントは、加齢による栄養不足を補うことを期待して摂取するのがよいでしょう。また、食生活全体の改善も行いましょう。

まとめ

今回は、変形性膝関節症による痛みの原因と改善方法についてご紹介しました。

多くの方が罹る変形性膝関節症ですが、初期のうちにしっかりと対策をとることで、膝が痛くて歩けないという状態にならなくてすむ可能性が高まります。自覚症状がある場合には、早めに医師に相談するようにしましょう。