膝のロッキングの原因 | 半月板の損傷による膝関節の症状と治し方

膝のロッキングの原因 | 半月板の損傷による膝関節の症状と治し方

膝のロッキングの原因 | 半月板の損傷による膝関節の症状と治し方

膝のロッキングは、半月板損傷に特徴的な症状です。ここでは、半月板損傷の症状と原因、治し方について解説します。

半月板とは

半月板は、膝関節の大腿骨と脛骨の間にある繊維軟骨です。膝の外側と内側に一枚ずつあり、三日月のような形で膝半分を囲むようについています。半月板には、膝関節の安定性を高め、膝にかかる荷重を分散し、衝撃を吸収する役割があります。

半月板の構造は、中央部分が薄く、関節包と接触している周辺部分が厚くなっています。厚い周辺部分は血管が通っているので損傷があっても自然治癒が可能ですが、薄い中央部分には血管が通っていないため自然治癒が困難です。中央部分が損傷した場合の治し方は、手術が多くなります。

スポーツ中の損傷

半月板損傷の原因として最も多いのが、スポーツ中の損傷です。バスケットボール、サッカーなど、ジャンプや方向転換の多いスポーツで起こりやすく、膝関節に荷重がかかった状態でひねる動作をすることで損傷されてしまいます。若い世代に多く発生し、靭帯損傷を伴う割合が高く、アスリートにとって深刻なスポーツ障害のひとつです。

断裂の形は、三日月形に沿って縦に亀裂が入る「縦断裂」が最も多く、損傷時の疼痛、関節腫張、膝の引っかかり感、クリック音(膝の曲げ伸ばしでコキッという音がでること)などの症状が出ます。

さらに、半月板の亀裂が膝関節に挟まって横に広がる「バケツ柄状断裂」になると、膝のロッキング症状が出やすくなります。

膝のロッキングとは、膝関節の隙間に損傷した半月板の端やかけら、すり減った関節軟骨のかけらなどが挟まることで、鍵がかかったように膝の曲げ伸ばしが出来なくなる屈曲障害です。膝のロッキングでは、動き始めに突然膝が固まってしまい、パニックになることがあります。

加齢による損傷

加齢による半月板損傷と膝のロッキングの原因

スポーツ中の損傷に次いで多いのが、加齢が原因で変形した半月板の損傷です。三日月形の内側を横断する「横断裂」、関節軟骨の変性を合併しやすい「変性断裂」が多いのが特徴です。

立ち上がる時に少し膝に力がかかっただけでも半月板の断裂が起こることがあり、疼痛や膝の引っかかり感、クリック音、関節水腫などの症状が出ます。半月板損傷が変形性膝関節症の原因となることもあるため、早めに治療を行うことが大切です。

円板状半月板

通常半月板は三日月状の形をしているのに対し、先天的に円板状の半月板を持つ人がいます。アジア人は欧米人よりも円板状半月板の割合が高いといわれますが、正確な割合は分かっていません。

円板状半月板は三日月状よりも損傷しやすいため、ちょっとした膝のひねりでも断裂し膝のロッキングが起こることがあります。乳幼児に多く見られるのが特徴です。ただし、円板状半月板だからといって半月板損傷が必ず起こるということはなく、何のトラブルもなく生活を送る人もいます。

半月板損傷の治療

半月板損傷の治し方は、損傷の度合いや位置、損傷の仕方によって変わりますが、大きく分けて保存療法と手術療法の2通りあります。

保存療法では、患部を安静に保ち自然治癒を待ちます。主に半月板周辺部に損傷がある場合に行われる治し方です。

手術療法には、損傷した部分を縫い合わせる縫合術と損傷した部分を切り取る切除術があります。縫合ができる状態ならば縫合で半月板の復元を行い、縫合が出来ないほど損傷が酷い場合は悪化を避けるために切除を行います。

まとめ

今回は、膝のロッキングの症状と原因、治し方についてご紹介しました。

半月板損傷は多くのアスリートを悩ますスポーツ障害の1つですが、中高年や乳幼児にも起こることがあります。変形性膝関節症の原因となることもあるので、痛みがそれほど強くなくても放置せず、しっかりと治療を行いましょう。