更年期障害と関節痛 | 関節の痛みの原因と漢方薬等による対策

更年期では卵巣機能が衰えていくので、女性ホルモンの分泌が急激に減っていきます。それによって月経不順となり閉経に至ります。それまで安定的に分泌されてきた女性ホルモンの急激な減少に体がついていけないことが原因で、様々な体の不調が起こります。ここでは、更年期障害の関節痛にフォーカスを当て、その原因と対策について解説します。

記事を読む

関節リウマチによる膝の痛み | リウマチの症状と原因、治療方法

関節リウマチは、何らかの原因で自己免疫の異常が起こることによって生じる、慢性的な関節炎を主な症状とする疾患です。30代から50代の女性に多く発症することが特徴で、男女比は1:3となっています。また、左右両側の関節で起こることも特徴です。ここでは膝の痛みに着目して、関節リウマチの原因、症状、治療について解説します。

記事を読む

膝が痛くて歩けない… | 変形性膝関節症による痛みの原因と改善方法

膝には、普通に歩くだけでも体重の2~3倍の荷重がかかります。その大きな負荷を吸収しながらスムーズに動かすための器官が、膝関節です。 変形性膝関節症とは、加齢や肥満が原因で膝関節の軟骨がすり減っていき、膝に痛みが出たり変形したりする病気です。60代以上の半数に症状が見られ、男性よりも女性に多いのが特徴です。

記事を読む

膝が腫れる原因 | 膝関節の違和感や痛みが起こる病気

変形性膝関節症は、加齢や肥満が原因で膝の関節軟骨が摩耗していき、膝痛を感じる病気です。膝が腫れる症状は、変形性膝関節症の中期において、すり減った関節軟骨の破片が関節包を刺激することなどが原因で炎症が起きた場合に生じます。膝に炎症が起きると、いわゆる「水がたまる」症状が起き、膝が腫れることがあります。

記事を読む

膝の痛みを予防する食事 | 関節痛に効く食べ物まとめ

コラーゲンは私たちの体を作っているタンパク質の中で、実に30%以上を占めている成分です。コラーゲンを摂ると、1度アミノ酸に分解されてから再生成されて体中の組織に運ばれます。コラーゲンはほとんどの肉・魚類に含まれていますが、特に多く含む食品としては、鶏の皮、軟骨、牛すじ、豚足、フカヒレ、うなぎ、ゼリー等があげられます。

記事を読む

膝の痛みにコラーゲンが効く? 関節痛への効果・効能と摂取方法

コラーゲンはタンパク質の一種で、体中のタンパク質の30%を占めており、体にとってなくてはならない成分です。主に、皮膚、骨、軟骨、靭帯、腱、臓器、血管などに含まれ、それぞれの場所において柔軟性と弾力性を保持し、組織の強度を保つ役割を果たしています。ここでは、コラーゲンの効果・効能と摂取方法について解説します。

記事を読む

産後から始まった膝の痛み | 膝が痛い原因と効果的だった対処法

私が32歳の時に、一人目の子供を出産しました。体の回復は順調でしたが、出産後1ヶ月が経った頃から急に膝の関節が痛くなり、膝の曲げ伸ばしが困難になってしまいました。最初はすぐに治るだろうと思って心配はしていませんでしたが、1週間経っても膝の痛みが改善することはなかったので、1ヶ月検診の時に相談してみることにしました。

記事を読む

膝の痛みは変形性股関節症が原因? | 手術後も増していく膝の関節痛

30代前半に変形性股関節症の手術をしました。骨盤側の骨を切って、大腿骨に接する屋根部分を広げる方法です。そのおかげで、股関節の痛みも和らぎ、膝関節に痛みがあることもすっかり忘れるようになりました。もちろん無理は禁物ですが、当時はまだ若かったため、それほど深刻には考えていなかったのです。

記事を読む

膝に力が入らない、立てない… | 膝の力が抜ける原因となる病気

膝に力が入らない、すぐに立てないといった状態が続くと、生活の様々な場面で支障をきたすようになります。こうした「膝が抜ける」または「膝くずれ」等といわれる症状は、どのような原因で起こるのでしょうか? 今回は、膝の力が抜ける原因となる病気について解説します。

記事を読む

若いのに膝が痛い原因 | 20代・30代に多い膝の痛みを起こす病気

20代・30代の若者にとって膝が痛いという場合、スポーツが原因のスポーツ障害(半月板損傷、ランナー膝、ジャンパー膝など)、姿勢などが原因の反張膝、脊椎関節炎などが原因疾患として考えられます。 今回は、若いのに膝が痛い原因についてまとめます。

記事を読む